@Zimmyisfakestar

wheredoyoutravel:

今年の夏、楽しかったやつ#夏am http://ift.tt/1pDPqO1

wheredoyoutravel:

今年の夏、楽しかったやつ#夏am http://ift.tt/1pDPqO1

抜粋:「秋葉原事件」加藤智大被告が「黒子のバスケ」脅迫事件に見解表明!(篠田博之) - Y!ニュース http://bylines.news.yahoo.co.jp/shinodahiroyuki/20140814-00038250/

渡邊氏が香山氏とどこが違うのかといえば、本人の能力の高さもあるのでしょうが、一番大きいのは,事件に至る体験を有していることだと思います。貧乏人の 苦労は金持ちにはわからず、金持ちの苦労は貧乏人にはわかりません。体験したことがない事柄については、どんなに言葉で説明されてもなかなか理解できない ものです。

“何をやっても怒られると学習した人は、何かを褒められたとしても馬鹿にされたとか皮肉られたとしか思えず、褒め言葉を褒め言葉として受け取ることができなくなってしまっているのです。”
「秋葉原事件」加藤智大被告が「黒子のバスケ」脅迫事件に見解表明!(篠田博之) - 個人 - Yahoo!ニュース (via mymabuisampler)

(manmaruhanaから)

感想:田中 (@tanakatosihideと石井 (@masahiroishii)の「無風状態」

なぜ、「何のため」ではなく「誰のため」になってしまうのか

https://note.mu/mufuujoutai/n/n227c140f885d

石井さん。
取り上げてくださってありがとうございます(ωV_vω)ペコ
自主事業と委託事業で関わるスタッフの違いとして田中さんの以下部分が共有・感染しにくいのはあるかな。それこそ、若者支援というニッチな事業を起こした方々の初期衝動からビジョンやミッションよりも委託事業のミッションの方がわかりやすくて共感しやすいのかもしれません。

>正義感と威厳のあるリーダーはどうやらスタッフのために熱く語っているようだし(自分のためではないからこうしたリーダーにはカリスマ性が生まれる)、自己研鑚を求めるスタッフは「自分のため」なんだけど結果としてそれがスタッフのためになる。

この部分はさらに団体内で完結する閉鎖的なシステムになってしまっているかもです。盲目的な状態だと「なんか違う」と思った際に柔軟性にかける結果になって「去る」選択肢しかなくなるのではないかなぁ。生意気でしかないですが、裾野が広がった分、様々な動機で入ってくる新参者を育成の時に個別のビジョン(個人の将来設計)が涵養できていないのかも。組織のミッションを優先していたら自分の将来を考えれなくなってトップの方の考えがなかなか理解できないのもこの部分かもしれません。まして中堅クラスのスタッフは年齢的なものもあって今後の自分と所属団体で板挟みになっているように見えます。

prty2:

Kanjiya Shihori

prty2:

Kanjiya Shihori

wheredoyoutravel:

Day 6: Le Café la Nuit - Arles (1888-2014)Instagram http://ift.tt/1qNW5EB

wheredoyoutravel:

Day 6: Le Café la Nuit - Arles (1888-2014)Instagram http://ift.tt/1qNW5EB

“あるホスピタルクラウン(病院に来るピエロの事)のインタビューにて

Q:「ホスピタルクラウンに向いているのは、どういった人ですか?」
A:「冷徹な程に物事を割り切れる性格の人です。
たとえばある病院の小児科へ出張に行って、笑顔で見てくれていたある子どもが、
翌週訪れてみるとその子の姿が見えない。
退院したのかな? と看護師にきいてみると、
その子は病死したと教えられたりする事がありますから。
割り切れないと、こちらの精神がまいってしまいます」

なんか切ない”
ホスピタルクラウン - 続・妄想的日常 (via darylfranz)

(familydocから)

(出典: prty2)

“人々は理解したいんじゃないの。理解した気になりたいの。だからわかりやすくしてほしいの。ほしいものをくれる人のことを「あたまいい」とか言うの”

Twitter / マ儿コ

…… 著名な思想家とは、ユニークな思想を唱えた者のことではない。同時代の人びとが共有できないほど「独自」な思想の持主は、後世において再発見されることはあっても、その時代に著名な思想家となることは困難である。その意味では著名な思想家とは、「独創的」な思想家であるよりも、同時代の人びとに共有されている心情を、もっとも巧みに表現した者である場合が多い。(小熊英二, 『〈民主〉と〈愛国〉―戦後日本のナショナリズムと公共性』, 新曜社, 2002,  p20-21)

(via pdl2h)

(via nozma)

(via mcsgsym, aurorae) (via yaruo) (via yaruolikes) (via yaruo) (via yasuhicollins) (via kaketaha) (via usaginobike)

(via shoei05) (via familydoc)