@Zimmyisfakestar

wetheurban:

"VISION OF BEAUTY" by Aris Jerome for WeTheUrban Issue 8

Photography: Aris Jerome / Styling: Alexus Shefts / Model: Christina Santini / Hair: Clint Mattoni / MUA: Brooke Hill

CLICK HERE TO VIEW THE FULL ISSUE

“人格障害や発達障害や精神疾患の特徴について「またかよ」と思うくらい「白黒思考」「0か100か」「オールオアナッシング」って出てきますけど、日本自体そんな感じじゃないですか。男女にせよ老若にせよいちいち二分して、そこに善悪や優劣など別の二項対立を載せる。出発点が二分されてる雑さ。”

Twitter / haieki (via yellowblog)

間違いない

人格障害や発達障害や精神疾患の特徴について「またかよ」と思うくらい「白黒思考」「0か100か」「オールオアナッシング」って出てきますけど、日本自体そんな感じじゃないですか。男女にせよ老若にせよいちいち二分して、そこに善悪や優劣など別の二項対立を載せる。出発点が二分されてる雑さ。

(ichimonjiから)

remicasallena:

カウボーイビバップ COWBOY BEBOP

(whiskey-wolfから)

wheredoyoutravel:

l me powerflexsarah@gmail.com by juiceplus_nutrition // via Instagram http://ift.tt/1qr5tzf

wheredoyoutravel:

l me powerflexsarah@gmail.com by juiceplus_nutrition // via Instagram http://ift.tt/1qr5tzf

hobolunchbox:

Life in a tourist town.

hobolunchbox:

Life in a tourist town.

(yamatoから)

“それで思い出したんですが、
有森(裕子)さんが
引退した選手を対象にした講演のなかで、
こんなふうにおっしゃってたんです。
「現役時代にみなさんには、
 すばらしい思い出と感動が
 あったと思いますが、
 引退後の世界には、
 もう、そんなものはありません。
 それを受け入れることから、
 引退後の人生をはじめましょう」って。
それは、たしかにそのとおりだなと思いました。
競技のなかであれほど強烈な興奮を味わったら、
引退後の人生でも探してしまって、
そのまま、ここでもない、ここでもない、って
流浪の旅に出ちゃったりしますから。
そうなってしまうよりは、
「そんなものはもうないんだ」って
割り切ることを伝えてあげるほうが、
やさしさなのかもしれないな、って。”
走ることについて、しゃべる理由。 - ほぼ日刊イトイ新聞 (via kogumarecord)

(familydocから)

今日は中秋の名月
言語と、言語ならざるものとの相克

感想 / 大塚隆史「個展・レトロスペクティブ」】A Day In The Life より。

大塚さんが語っていて興味深かったのは、同性愛が社会的に受け入れられるにしたがって、ゲイはむしろ男らしさのエロスを中心に表象されるようになった。が、 自分にとってのゲイというのは、男が男に一輪の花を差し出すような、その心象にあるフェミニンなものへの嗜好、つまり男らしさとは異なる表現だ、というこ と。換言すると、セクシュアリティよりジェンダーに関わることへの嗜好に力点がある…。たしかに、彼の作品にはしばしば、乙女チックな男性キャラが描か れ、ファンシーな動物が登場する。それらが表しているのは、ゲイ・エロティックな表現が目指す、(その欠損ゆえの)男性性への過剰な執着とは反対のベクト ルを示しているだろう。

ジェ ンダーの記号を分解・再構成するドラァグクィーンを並べて見せたカルタや、男性の陰毛を少女趣味ともいえる箱庭に再配置してみせる作品は、アイデンティ ティとセクシュアリティの関係を問い直すクィア批評からは、それなりの点数をつけられるはずだ。マッチョイズムに還元されない表象はフェミニズムに歓迎さ れるだろうし、反原発をもじった作品も、そのユーモアのセンスや批評性を讃えることはできる。しかし、伏見の心に迫ってきたものは、そういう表層の政治性 ではなかったように思う。大塚さんが「いつものように」理路整然と語ってみせる言葉では掬い取られない何か。彼の常套句にもなっている「だって、自分はそ ういうものが欲しかったんだもの」という結語、もとい個人的な嗜好の向こう側にあるもの、に違いない。

 image

画像は大塚氏のサイト“大塚隆史のサイト・タコ”内

ドラァグ・トランプ(全55枚) より。

"Heart Queen”http://www.asahi-net.or.jp/~km5t-ootk/dd_menu.html

中略

そ うした作品群を眺めていると、まるで言語が浮き上がっているように感じられる。説明的すぎる、というのは文芸作品に対する批判のクリシェだが、これらも美 術作品でありながら過度に言語的。けれど、しばらくすると、その言葉の文字が白抜きになっているように見えてきた。言葉の羅列を際立たせている沈黙の色調 が浮き上がってくるのだ。

そ うだ、これを確認したかったのかもしれない。言語と、言語ならざるものとの相克。理性と欲望の軋轢。アポロ的なものとデュオニソス的なもの?(笑) ゲイ コミュニティなら、愛とセックスの矛盾? それは、数十年前には、言語化することが困難だった「同性愛」という欲望に、言葉で縄をかけようと苦闘した大塚 隆史の半生を反映しているようにも思える。その二重構造に胚胎している緊張こそが、大塚作品の特徴であり、「意味のアート」を成しているのかもしれない… と考えたところで、また立ち止まった。

い や、もう一つ奥がある。回顧展という形式ゆえに伏見の琴線に触れたものは、むしろその二重性を二重性たらしめている「ダークマター」のような存在ではない か。反撥し合うベクトルを一つの世界として継続させてきた不可視の質量。アーティスト個人の主体を越え、むしろアーティストをそこに召喚するような重力 だ。たぶん、大塚隆史という人間に「同性愛」という課題を与えることとなった偶然と、作品を繋いでいるもの、彼にアートを産み落とさせてきた「見えざる 手」は同じ軌道にある。

prty2:

Aragaki Yui

prty2:

Aragaki Yui

wheredoyoutravel:

Iconic Audrey by detailsforlife // via Instagram http://ift.tt/1pUxjn9

wheredoyoutravel:

Iconic Audrey by detailsforlife // via Instagram http://ift.tt/1pUxjn9

yeshi:

国道271-280。青森と北海道と、あと、
_人人 人人 人人 人人 人_> 突然の小田原厚木道路 < ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

yeshi:

国道271-280。青森と北海道と、あと、

_人人 人人 人人 人人 人_
> 突然の小田原厚木道路 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

wheredoyoutravel:

Houston 2011: Pit stop in Houston with @jubileeomg88 &stagram http://ift.tt/1pKhuzn

wheredoyoutravel:

Houston 2011: Pit stop in Houston with @jubileeomg88 &stagram http://ift.tt/1pKhuzn

adore-hong-kong:

Photograph by chinita479

adore-hong-kong:

Photograph by chinita479

(sociologbookから)